伝統にんにく卵黄の原材料

伝統にんにく卵黄の原材料

 

伝統にんにく卵黄の成分がどのようになっているかをご紹介します。

 

伝統にんにく卵黄の機能性表示

 

(名称)
にんにく含有食品

 

(原材料名)
にんにく卵黄末(にんにく・有精卵黄)(卵を含む)、アマニ油、デンプン、グリセリン、ゲル化剤(カラギナン)、ミツロウ

 

(内容量)
18.8g(1粒の重量605mg(1粒の内容量405mg)×31粒)

 

(賞味期限)
約6か月

 

(販売者)
株式会社 健康家族
鹿児島県鹿児島市平之町10-2

 

 

以上となっています。
それでは原材料を一つ一つ細かく見ていきましょう。

 

◎にんにく卵黄末
にんにくと有精卵黄を粉末状にしたもの。

 

◎アマニ油
亜麻の種子を圧搾、又はこれをつぶして溶媒で抽出することで得られる。代表的なω-3脂肪酸であるα-リノレン酸をはじめとする不飽和脂肪酸に富み、栄養サプリメントとしても販売されている。

 

◎デンプン
ソフトカプセルの主原料。自然由来のトウモロコシと海藻の成分でつくられる。

 

◎グリセリン
食品添加物として、甘味料、保存料、保湿剤、増粘安定剤などの用途がある。虫歯の原因となりにくい。医薬品や化粧品には、保湿剤・潤滑剤として使われている。

 

◎ゲル化剤(カラギナン)
カラギーナンは弾力のある高分子で二重らせん構造を作って互いにからみあっており、これにより室温でゲルを形成する。食品その他の工業でゲル化剤、増粘剤、安定剤などとして使われる。
特徴としては、力(せん断応力)をかけると容易に流動し、静置すると粘性を回復してゲル状になる性質(チキソトロピー)がある。この性質は工業的利用に有利で、特に食品に用いた場合には食感が滑らかになるという利点もある。

 

◎ミツロウ
ミツバチ(働きバチ)の巣を構成する蝋を精製したものをいう。

 

 

多くの添加物を使うサプリメントがある中、伝統にんにく卵黄は保存料や着色料を使わないため、安心、安全です。
毎日、飲むのに安心な「伝統にんにく卵黄」は公式サイトから通販購入できます。是非、お試しください。